起業や副業を始めたいあなたへ
アンサポはアントレプレナー(起業家・新しく事業を始める人)をサポートします。
セミナー・読書

建設業界の国際比較

こんにちは アンサポのゆきです🙂

どんな業種の事務サポートをお受けするか分からないので、最近、色々な勉強会に参加させて頂いてますが、昨日は「公共事業とTPP協定」についての学習会に参加させて頂きました📖

お話しがとても分かりやすく、質疑応答もざっくばらん😅な感じでとても楽しい学習会でしたが、建設業界の各国の違いのお話しが個人的にはとても興味深かったです😌

現状もWTO対象公共工事は一般競争入札で外国企業の受注は可能だそうですが、2006年以降の外国企業受注件数は、国の建設工事で1件、地方の建設工事で3件のみだそう。TPPでも対象規模は同様となっているそうです。

その中で、日本独特の建設業界文化(重層下請け構造や、手形支払、完成時に支払等)は外国企業の受注に影響を及ぼしているらしく。。。

政府は建設業界(不動産業界も)においてTPPをアジアの成長を取込むチャンスとしていますが、各国の建設業界事情ってどうなんでしょう?🙄

2014年世界の大手建設企業・売上高ランキングでは上位5社はいずれも中国企業でした。アフリカの電柱建設工事は、ほぼ中国企業が行っているみたい。驚いたのは中国の建設会社は現場作業員も、現地調達せずに連れて行くらしいです。。。

アメリカでは、現場作業員は都度契約で、日雇いの人も多いそう。支払も完成時では無く、毎月支払がされるので日本の支払方法には凄く抵抗があるんだろうなー。また、第三者機関が発注者と工事業者の間で中立に調整や工事のチェックを行うそうです。流石に合理的!アメリカらしい。と感心しました

サポート企業がグローバル展開すれば、当然、事務サポートもついていける様にならないといけないので、勉強しないとです🌟

アンサポ=アントレプレナーのサポート
アントレプレナーとは?↓
『「アントレプレナーの戦略論」新藤晴臣(中央経済社)』

 

グロースファクター