起業や副業を始めたいあなたへ
アンサポはアントレプレナー(起業家・新しく事業を始める人)をサポートします。
その他

IDeCo(イデコ)はやっておいた方が良いですよーというお話し

こんにちはアンサポのゆきです🙂

最近、友人や家族と話している時に「まずはIDeCo(イデコ)はやっておいた方が良いよー」とよく言ってます🙂

IDeCoだとか、NISA(ニーサ)だとか、積立てNISAだとか色々あるけど、なんなの?って方も多いかと思います。その中でも私はまず(特に私と同年代の人は)IDeCoをすべきと思ってます。

なんで、IDeCoをした方が良いかというと1つの制度で3回お得があるからです!ネットなんかで調べると詳しく書かれてる方がいらっしゃると思うので、まずは軽く流れを書いて興味を持って貰えたらなーと思います💻

仮に40歳シングル・子供なし・年収400万円の会社員(企業年金は無し)が毎月23,000円をIDeCoで年率3%・60歳までの20年間運用した場合を想定します。

まず、最初のお得は🌟①掛金に所得税・住民税がかからない!です。掛金分の23,000円 × 12カ月 = 276,000円が『税金の計算上無かった事にして貰える』為、年間で約4万円。20年間で約80万程お得です!

次のお得は🌟②運用益が非課税!です。投資信託等で運用して出た利益には20.315%の税金がかかるので、毎月23,000円を複利で20年間3%で運用した場合、元金552万円が約750万円になりますが、その内、約40万は税金として支払わないといけません。でも、IDeCoで運用した場合は税金ゼロです!

最後に一時金か年金で受け取りますが、一時金で受け取った時には🌟③退職金所得控除が使えます!中小企業だと退職金が無いところも多いと思うのでこれはかなりメリットと思います。750万円の受取りで20年の加入だと、税金はゼロになります!

なので、税金を支払った後の手取りのお給料からコツコツ積立して、利益分にかかる税金を支払っているよりも120万円もお得なんです!

運用するのは怖い。。。という人もIDeCoには定期預金等の元本保証商品もありますし、今の定期預金は殆ど利息がつきませんが、その場合でも①の80万円分はお得になります。もちろん、3%よりももっと高い利率で運用できた場合は②の運用益非課税のメリットが大きくなります。

60歳まで引き出す事ができないのは、ついつい解約して他の事に使ってしまわないので私位の年代の人には逆にメリットになると思いますし、どうしても貯金する余裕がなくなった。。。という場合には、減額や休止・再開も可能ですので、まずは始めてみてはどうでしょうか😌

もう少し詳しく聞きたい!他にもこんな事が気になってるんだけど?等があればご連絡下さい! メールを送る📩

アンサポ=アントレプレナーのサポート
アントレプレナーとは?↓
『「アントレプレナーの戦略論」新藤晴臣(中央経済社)』

 

グロースファクター