『女性』の『子供』と『キャリア』育てサポート
子育て

鳥取市の産後サポートサービス とても助かりました!

こんにちはアンサポのゆきです😊

早いもので出産からもうすぐで4か月が過ぎようとしています

最近は一人遊びをする様になり、寝室でカーテンが風になびくのをみて「あーあー」言っておとなしい時がでてきて少し楽になりました👶

もう少しして動き出したら、また、大変になると思いますがっ💦

 

今回はわたしも利用した生後4カ月になるまで利用できる鳥取県の産後サポートサービスをご紹介します。

このサービスは『妊娠・出産包括支援事業』として厚生労働省の管轄下で行われている様ですが、全国どこでも受ける事の出来るサービスではない様です。

やはり子育て王国とっとりだから?

 

サービスの内容は大きく2つに分かれていて

①お母さんが赤ちゃんと産後ケアを受けられるサービス

②赤ちゃんの一時預かりサービス

の2つがあります。

 

①は、日帰りと宿泊の2パターンがあり、宿泊サービスは生後3か月までの赤ちゃんとお母さんが受けられるサービスです。

 

わたしが利用したのは②の赤ちゃんの一時預かりサービスです。

・1回あたり4時間まで 1,000円

・1回あたり4時間~8時間まで 2,000円

※市民税非課税世帯は半額、生活保護世帯は無料。

で週3日以内、午前9時~午後5時までサービスが受けられます。

 

もともと、妊娠中に母子手帳をもらいに行った時にこのサービスを知って

「へー こんなのもあるんだぁ」と思ったのですが

出産した産院から退院の時の説明で

「窓口は市になりますが、うちでもやってますので疲れた時など利用してください」と言われて

「あー ここでやってくれるなら安心だなぁ」

と思っていました。

 

ちょうど2か月近くなって子育てにも慣れてきた時、気が張ってたのがゆるんだのか、疲れがたまっているのを感じました。

そんな時にこのサービスを思い出し、担当の課に電話してみました。

 

利用の流れはこんな感じです

 

①希望のサービスと、サービス提供機関、希望日時を伝える

②市からサービス提供機関に連絡、希望日時があえば仮予約

③申込書を記入(これは来所が必要で、ここは改善して欲しいです)

④当日、サービス提供機関に行ってサービスを受ける

⑤市から送られてくる納付書で料金納付

 

ちょっとアナログな感じはしますが、当日はスムーズにサービスを受ける事ができます😌✨✨

 

このサービスの良いところは、サービス提供を助産師さんがして下さるので乳児でも安心なところです🤱

乳幼児って預けるのも心配だし、そもそも預かってくれる所が少ない。親が近くにいなかったり、いても高齢で預けるのは心配。または、仕事で忙しくて預かって貰えないなど、なかなか育児の協力を得られない場合もあると思います。

産後のムリは後々ひびいてきますし、数時間でも預かって貰ってぐっすり寝たり、ゆっくり過ごせると、また、その後の育児も楽しめますよね😄

鳥取市に住む産後ママにはぜひこのサービスを利用して欲しいなぁとおもいます😉

アンサポ=アントレプレナーのサポート
アントレプレナーとは?↓
『「アントレプレナーの戦略論」新藤晴臣(中央経済社)』

 

グロースファクター