起業や副業を始めたいあなたへ
アンサポはアントレプレナー(起業家・新しく事業を始める人)をサポートします。
未分類

パッククッキング楽しいです!!

こんにちはアンサポのゆきです😊

地震や台風等、なにかと自然災害の多さが取りざたされていますよね😣

そんな中、最近、よく聞くパッククッキング🍲

避難中に「せめて少しでも美味しい物を家族に食べさせてあげたい」と

ママ達の間で結構、話題になっています😌

 

色々なセミナーも開催されていたりして、結構、興味がありました🍽

 

で、自分でも少し調べてみたりしたのですが

ん?・・・

これって災害の時の避難生活だけでなく結構使えるかも?

調べれば調べるほどメリットが多そう😃

・一度にたくさんの種類のお料理が出来る(時短・経済的)

・出来たらパックのままお皿にのせて食べられる(後片づけが楽)

・意外に美味しそうなのが色々できる(デザートで蒸しパンなんかも)

そして意外に簡単そう!という事でやってみました‼️

 

まずはご飯が炊けるのかを知りたかったのと、離乳食にも使いたかったので、今回は「ご飯を炊く」「野菜をゆでる」「レトルトカレーを温める」をやってみました

◎作り方(ご飯の炊き方)

①ポリ袋にご飯を1合入れる。

②①の袋に水を入れて揉み洗いし、お水を捨てるを何度か繰りかえす。

③お水に30分程つけておく。

④お水を切って、お米の1.1~1.2倍程のお水を入れる。

⑤お鍋にお湯を沸かして、ポリ袋を入れて、吹きこぼれない温度で20分程加熱する。

野菜は切って、袋に入れて少し水を入れて同じく空気を抜いて、上の方で口をしばる。

レトルトカレーはお湯に入れて温めるだけです(笑)

 

改善できそうと感じたのは、下記の2点です。

・ポリ袋に穴が開いた。洗う事で強度が弱くなるかもしれないので、お米は別の袋か入れ物で洗う。

・1つのポリ袋で1合を炊くと、そのまま袋で食べるには量が多すぎる。袋のまま食べたい場合は、お米の量を減らす。

 

あと、ポリ袋は高熱に対応できるタイプでないと溶けてしまうといけないので、必ず表示を確かめて下さいね。

私が使ったのは、パッケージに湯煎に使えると記載がありました。お値段は60枚入りで100円位でしたよ。ダイソーでもっと安いのもあるみたいです。今度、見に行ってみます。

130度まで大丈夫という記載がある、高ポリエチレンと書いているのが良いみたいです。

 

この日の夕ご飯は、たまたま自分の分だけ作ればで良かったので再度、パッククッキングにチャレンジしてみました。すでにはまってるかも….

 

結構、美味しそうだったのですが写真を撮り忘れました😅

極力洗い物を出さないというコンセプトで、材料もちぎるか、キッチンバサミで切ってみました。

 

◎作り方「青梗菜と豚肉のたまご丼」

①ポリ袋に青梗菜をちぎって入れる

②豚肉とちくわをキッチンバサミで切って入れる

③だし醤油を適量袋に入れる。

④卵を割って袋に入れて揉む。

⑤お昼に炊いて残ったご飯を入れる。

⑥ポリ袋から空気を抜いて、上の方で口を縛る。

⑦お鍋にお湯を沸かして、ポリ袋を入れて、吹きこぼれない温度で15分程加熱する。

⑧ポリ袋のしばってある部分を切って、丼にセットする。

①~⑥の手順は3分位で終わります。1人の時や、お昼ご飯等には手抜き料理としてもありですねー

 

災害時の避難食に!と考えすぎると重く感じるかもしれません。

が、

やってみると普通に楽しい&楽ちんクッキングでした🍽

あと、アウトドアとかでやるとすごく美味しく感じそう🏕

いざという時に困らない為にも定期的にやっていこうと思います😄

なんでも、まずやってみる😆✨

大事ですね😌✨✨

 

子育て中でもできるゆるふわ投資

FX運用日記

をnoteで書いてます🤱

グロースファクター